triphack

国内、海外問わず旅行で訪れて良かったスポットや、おすすめのハウツーを紹介するブログです。

クアラルンプールシティギャラリーの行き方・入場料・おすすめグッズ紹介

f:id:triphack30:20180829150251p:plain

こちらの「I LOVE KL」をガイドブックでご覧になられた方は多いでしょう。クアラルンプール随一の人気撮影スポットであるクアラルンプールシティギャラリーです。中心地のKLCCやブキッ・ビンタンとは違う地区にあるため少し馴染みがない方もいらっしゃいますが、近くは観光スポットも多いのでせっかくクアラルンプールに行ったのであれば行ってみたいスポットです。

今回はクアラルンプールシティギャラリーの行き方、営業時間、入場料、おすすめグッズを紹介します。クアラルンプールシティギャラリーはそこまで混雑しておらず、1時間もかからず周れるスポットなので滞在中に行くことをおすすめします。

 

 

ムルデカ・スクエアの近く 行き方は電車かGrabがおすすめ

クアラルンプールシティギャラリーは、ムルデカ・スクエア(独立広場)の隣に位置しています。近くにはセントラルマーケットやマスジッド・ジャメというモスクなど人気観光地がいくつもあります。

 

電車ではMasjid Jamek(マスジッド・ジャメ)駅が便利 

電車で訪問する場合はRapidKL、Ampang Lineでマスジッド・ジャメ駅を目指して行きましょう。そこから歩いて7、8分くらいの場所にクアラルンプールシティギャラリーがあります。マスジッド・ジャメ駅はブキッ・ビンタン駅とも直通で繋がっているなど、アクセスが非常にいいです。

モスクを右手に見ながら川沿いを進んで行き、1つ目の橋が見えたら右折しましょう。後は直進していけばクアラルンプールシティギャラリーにたどり着きます。この当たりはイギリス統治時代に整備された建物も残っており、どこか欧州の香りがする雰囲気もあります。

 

 

とにかく楽に目の前に行きたい場合はGrabがおすすめ

マレーシアの移動にはおなじみのGrab。Grabであればわざわざ駅まで歩く必要がなく、自分が滞在しているホテルのロビーにドライバーを呼んで行くことができるます。市内での移動であれば時間帯にもよりますが、RM3くらいで行けるはずです。

 

www.grab.com

 

写真好きは写真を撮って帰るだけでもOK

ここクアラルンプールシティギャラリーの最大の見ものは、博物館ではなく外にある「I LOVE KL」のオブジェクト。実際、館内の待ち行列よりも写真撮影の待ち行列の方が多いくらいです。お目当てがこれだけという方は無理に博物館に入らず、外で写真だけでもというのもありだと思います。

 

入場料はRM10(≒280円)でカフェ利用券もついてくる

とは言ってもせっかく来たのであれば館内も利用したいですよね。入場料はもともと無料だったのがRM5になり、2017年にRM10に上がったようです。日本円換算してもそこまで高くないですが、その分併設されているカフェでRM5が利用できるようになっています。

このギャラリーはARCHというマレーシアで有名な木工工芸品のお店が運営しており、後述しますがARCHが製作している展示品などもあります。クアラルンプール現地のお店が、このクアラルンプールの歴史館を運営するというのはとてもいいですね。

 

クアラルンプール市内の模型は見る価値あり

f:id:triphack30:20180829161723p:plain

館内に入るとクアラルンプールの歴史を知ることができるパネルが一面に貼られています。日本では学校教育でクアラルンプールの歴史を勉強する機会がほぼないので、ほぼ馴染みのない歴史ばかりなので、ぶっちゃけスルーでもいいかもしれません。(当然日本語表記はありません。)

 

f:id:triphack30:20180829161053p:plain

模型が大好きな私はこれを見ただけでとても感動しました。高層ビルと自然公園が融合するクアラルンプールを模型という形で再現しています。KLタワー、ペトロナスツインタワーもはっきりとわかりますし、このクアラルンプールシティギャラリーが位置するムルデカ・スクエアも描かれています。(写真手前の緑一体のエリア)

 

 

ARCH監修のグッズはお洒落なものが多い

f:id:triphack30:20180829162430p:plain

館内の展示品を一通り見ると、ギフトショップにたどり着きます。このギフトショップもさすがはARCH監修なだけあり、とてもお洒落なんです。グッズの上にあるクアラルンプール市内の模型は展示場にあってもおかしくないですよね。

 

f:id:triphack30:20180829162713p:plain

キーホルダーやマグネット、スマホケースなどARCH製作のグッズもたくさんあります。木工製品はとても味が出るものなので、せっかくのクアラルンプール土産にぜひ買ってみてもいいでしょう。 

 

施設情報

クアラルンプールでおすすめのホテルはこちら

クアラルンプールの5つ星ホテルはこちら

 

観光地名(spot) クアラルンプールシティギャラリー(Kuala Lumpur City Gallery)
料金 RM10
営業時間(open) 年中無休
8:00〜18:30
住所(address) No.27, Jalan Raja, Dataran Merdeka, Kuala Lumpur
アクセス RapidKL、Ampang Lineのマスジット・ジャメ(Masjid Jamek)駅から徒歩8分
電話(TEL) (+60)3-2698-3333
URL http://www.klcitygallery.com/