triphack

国内、海外問わず旅行で訪れて良かったスポットや、おすすめのハウツーを紹介するブログです。

クアラルンプール市内からピンクモスクへ|近未来都市プトラジャヤの神聖建築

f:id:triphack30:20180907135602p:plain

日本で発売されているマレーシアの観光ガイド本に絶対に載っている「ピンクモスク」ことプトラジャヤモスク。クアラルンプールから電車・車で30〜60分ほどの距離にあり、近年行政機能を移転するために急速に開発されている街です。

クアラルンプール市内からピンクモスクへのアクセスや、ピンクモスクを綺麗に撮るための撮影スポットを紹介します。日本人だけでなく、世界の観光客が訪れるピンクモスクなので、計画的に行って楽しい時間を過ごしましょう。

 

 

ピンクモスクのあるプトラジャヤはどこにある

f:id:triphack30:20180907161307p:plain

プトラジャヤクアラルンプール国際空港とクアラルンプール市内のちょうど間にある街です。日本でも20年ほど前に話題になったことがありましたが、首都機能を移転することを当時の首相が提言して開発され始めた街です。クアラルンプールからは南方に25kmほどに位置しており、高速鉄道のKLIAトランジットや高速道路(ハイウェイ)でのアクセスが可能である。東京都心からさいたま新都心幕張新都心に行くような感覚でしょうか。

ちなみに首都機能移転を目指しているものの、2018年現在ではまだマレーシアの首都はクアラルンプールであり、今後もプトラジャヤの開発は進むものの、しばらくクアラルンプールが首都であり続けそうです。

 

プトラジャヤ - Wikipedia

 

クアラルンプール中心地からのプトラジャヤの所要時間・アクセス方法

f:id:triphack30:20180907161910p:plain

クアラルンプールからプトラジャヤへの行き方でおすすめなのは、KLIAトランジットです。乗換なし、KLセントラル駅からノンストップなのでおすすめです。もちろんタクシーやGrabでピンクモスク眼の前まで行くのもありだと思いますが、異国の地の電車旅というのもなかなか面白いと思います。

 

KLセントラル駅からKLIAトランジットで20分乗り換えなし

f:id:triphack30:20180907162256p:plain

クアラルンプール市内から行く場合は、まず何らかの手段でKLセントラル駅まで行きましょう。ピンク色の改札「KLIA Transit」という入り口を目指して歩いて行けばいいです。もし場所がわからない方は、「Where is the KLIA Transit entrance?」と聞けば丁寧に道のりを教えてくれます。

 

KLIAトランジットの乗り方

f:id:triphack30:20180907162530j:plain

KLIAトランジットですが無人レジでのチケット購入がおすすめです。当時(2018年8月)は無人販売だと10%割引で、片道RM12.5(≒350円)で特急に乗ることができます。この無人販売マシンは英語かマレー語でしか表示されないのですが、JRのチケット販売所と操作方法はだいたい似ているのでわかりやすいと思います。

 

f:id:triphack30:20180907163005j:plain

で無事購入したら、こんな安っぽいチケットが発行されます。笑

右端のQRコードで入場するのですが、こんなんでいいのかと不安になりますね。。。

 

プトラジャヤ・サイバージャヤ駅はKLセントラル駅から2駅

KLセントラル駅からは20分置きくらいでKLIAトランジットが発車しています。なのでそこまで待つということはないのでご安心ください。無事電車に乗り2駅、プトラジャヤ駅に着きます。(※到着駅の正式名称は「プトラジャヤ・サイバージャヤ駅」)

乗り過ごすとクアラルンプール国際空港まで行ってしまうので注意しましょう。

 

KLIA トランジットの時刻表

 

プトラジャヤ・サイバージャヤ駅からGrabやタクシーで10分ほど

無事プトラジャヤ・サイバージャヤ駅に着いたら、Grabでドライバーを呼び出しましょう。クアラルンプールと違ってドライバー見つかるの?という不安があるかもしれませんが、全く心配ご無用です。観光客を狙ってかうじゃうじゃドライバーがいるので、10分もかからず迎えに来てくれます。

行き先のピンクモスクに行きたい場合は、以下の施設名を目的地に入れておきましょう。

 

Putra Mosque

 

ピンクモスク(プトラモスク)をがっつり楽しむために

f:id:triphack30:20180907164623j:plain

Grabで10分ほど行くと、目的地のプトラモスクに辿り着きます。行くまでの湖にかかる橋から見えるピンクモスクや首相官邸が圧倒的な存在感で、モスクが近づくに連れて高揚感が出てきます。

 

入場料はなし、ローブのレンタルでハリー・ポッター気分!?

f:id:triphack30:20180907165406p:plain

ピンクモスクに入るための入場料はありません。あくまでも神聖なモスクでお祈りをしにくるのが目的の場所なので。

また女性はローブというガウンのようなものを着る必要があります。この服がまるでハリー・ポッターのようで可愛いと人気です。ちなみに女性だけでなく男性も借りれることができるます。

 

夜、金曜午前は見学不可なので注意!ピンクモスクの見学時間

f:id:triphack30:20180907165045j:plain

気になる見学時間は先に調べておきましょう。夜景が綺麗なのかもと思い夜に行かれるかたもいらっしゃるみたいですが、18時以降は見学できません。また夕方は見学時間が短いため、午前中に行くことをおすすめします。

 

土曜~木曜
9:00〜13:30、14:00〜16:00、17:30〜18:00

金曜
15:00〜16:00、17:30〜18:00

 

ピンクモスクを綺麗に撮るためのおすすめ撮影スポットと時間は

こんなピンクモスク、現代ではインスタ映えを狙って多くの観光客でいっぱいです。せっかくマレーシアに行ったら一度行くだけでなく、絶景写真を撮影して帰りたいという方もいらっしゃるでしょう。

おすすめの時間帯はずばり早朝です。朝焼けとピンクモスクが絶妙なバランスという噂です。(詳しくは以下のブログを参考に。)なお、クアラルンプールの日の出は日本よりも遅く、夏でも7:00くらいまで薄暗いのでそこまで早起きしすぎなくても朝焼けを望むことができるでしょう。

マレーシア|クアラルンプール|朝焼けのピンクモスクを撮影しに行こう! | てつちぴ旅!

 

f:id:triphack30:20180907170045p:plain

またおすすめの撮影スポットは、プトラジャヤ駅からモスクに至る途中にある橋です。タクシーやGrabで通りかかる際にこんな橋を見かけると思います。もし道が混雑してないのであれば運転手に頼んで、ちょっとだけ停車してもらいましょう。

 

f:id:triphack30:20180907170149p:plain

すると、湖・首相官邸・ピンクモスクの3つが重なる写真が撮影できます。前乗りしてプトラジャヤのホテルに泊まっておき、朝焼け写真を撮るというのもいいですね。

 

プトラジャヤでおすすめのホテル

 

プトラ・モスクの情報 

施設名 プトラ・モスク(Putra Mosque)
入場料 無料
営業時間(open) 9:00 - 21:00
住所(address) Persiaran Persekutuan, Presint 1, 62502 Putrajaya, Wilayah Persekutuan Putrajaya
アクセス プトラジャヤ・サイバージャヤ駅から車で10分、徒歩40分
電話(TEL)
URL

https://www.tripadvisor.jp/Attraction_Review-g298305-d665587-Reviews-Putra_Mosque-Putrajaya_Wilayah_Persekutuan.html