triphack

国内、海外問わず旅行で訪れて良かったスポットや、おすすめのハウツーを紹介するブログです。

スーパーでも購入可能!クアラルンプールでおすすめの”バラマキお土産”5選

f:id:triphack30:20180910145734p:plain

東南アジアのハブ都市クアラルンプール。東南アジアらしいエスニックな雰囲気、イスラム信仰者も多く独特の文化、近代的な都市への変遷と、様々な文化が混ざり合った国でもあります。そんなクアラルンプールですが、物価が安いためお土産もガッツリ買っていきたいという人が多いでしょう。一方で、「マレーシア、クアラルンプールって何が有名?」という方も多くいらっしゃると思います。

今回はクアラルンプールで買っておくべきお土産5選と、どこで買うべきかのスポットを紹介いたします。

 

 

クアラルンプールのおすすめお土産はこれだ!

後述しますが、クアラルンプールのお土産はなるべくスーパーマーケットで購入すべきです。街ナカにあるスーパーマーケットで見つけて、現地の友人に聞いた買っておくべきクアラルンプール土産を5つ紹介します。

 

お土産1. ばらまき用にマレーシア発のチョコレート「Beryl‘s(ベリーズ)」

f:id:triphack30:20180910151404p:plain

まずはベリーズ。ありふれた名前なので、アメリカやヨーロッパからの輸入チョコレートかなと思いますが、カカオもマレーシア産で作られたマレーシア土産です。どのスーパーマーケットでも売ってますし、買い忘れた時でも空港で購入できるのでご安心を。

f:id:triphack30:20180910171953p:plain

1番おすすめなのは、ばらまき用で作られたスティックタイプのチョコレート。1本100円くらいなので、お一人1本と考えて、10本くらいまとめ買いするのもいいかと思います。

またベリーズのチョコレート、海外のチョコレートならではの甘ったるさはあまりないのでお土産としてもらって嬉しい人も多いと聞きます。次に紹介するインスタントコーヒーと一緒にお召し上がりになるのもいいでしょう。

 

お土産2. マレーシアのスタバ「OLD TOWN WHITE COFFEE(オールドタウンホワイトコーヒー)」

f:id:triphack30:20180910151800p:plain

クアラルンプールだけでなく、マレーシア各地を旅行してると目にするのがこちらのコーヒーショップ「OLD TOWN WHITE COFFEE(オールドタウンホワイトコーヒー)」です。ここの名物は、店名にもなっている「ホワイトコーヒー」。焙煎の際にマーガリンと砂糖が加えられているのが特徴となっていて、それによりコーヒーが少し白くなるのが店名の由来です。アメリカや日本の健康志向家に人気のバターコーヒーの先駆けかもしれません。

クアラルンプールではスタバよりも良く見かける、そんなオールドタウンホワイトコーヒーのインスタントコーヒーがお土産として人気です。バラマキ土産にもピッタリで、スーパーでも手軽価格で購入可能です。オールドタウンホワイトコーヒーは現在6種類販売されていますが、現地の方はミルクティーがお好きという方も多いみたいです。

 

お土産3. 自宅でエスニックなラーメンを「マレーシア・カップヌードル

f:id:triphack30:20180910151516p:plain

近年は日本でもエスニック料理の人気が高まっていますし、タイ料理・ベトナム料理・マレーシア料理などのお店も増えて来ていますが、自宅でアジア料理を食べる機会はあまりないでしょう。「自宅でマレーシアのあの味を・・・」という方におすすめなのですが、レトルト商品で特にカップラーメン・カップヌードルはとてもおすすめです。

日本で馴染みの日清カップヌードルもありますし、現地企業製のカップラーメンもあります。カレーラクサやチリクラブなど日本では味わえない味があるので、ぜひ買ってみてください。値段も1つRM4(≒120円)程度と日本と同じくらいの値段で購入可能です。

 

お土産4. 本格的な紅茶を自宅で「BOH TEA(ボー・ティー)」

f:id:triphack30:20180910151721p:plain

「BOH TEA(ボー・ティー)」は、純マレーシア産の紅茶です。マレーシアが紅茶の産地?と不思議に思われるかもしれませんが、過去にスタバの「キャメロンハイランドマグカップ」で紹介したように、マレーシアのキャメロンハイランドは一級紅茶の生産地なのです。過去にイギリスの統治時代に、イギリスのアフタヌーンティー文化から発展し、高原地帯特有の涼しい環境から紅茶の生産が本格化しました。

 

triphack30.hatenablog.com

 

ボーティーには、紅茶カップ用のティーバックから、紅茶ポット用のもの、茶葉のものまで色々と揃っています。お土産としておすすめなのは、やはりバラマキ用に使いやすいティーバッグでしょう。フレーバーティーの紅茶が、スーパーでも10種類ほど揃っているので、数種類買って友人達とシェアするのがおすすめです。

 

お土産5. 自宅でマレー料理を「Dancing Chef」のレトルトパウチ

f:id:triphack30:20180910152043p:plain

最後のバラマキ用お土産は本格レトルト食品です。メインはタイ料理のレッドカレーグリーンカレー、チキンカレーなのですが、チリクラブや肉骨茶などもレトルトでいただけます。

レトルト食品で有名で、高級感を味わえるのが、「Dancing Chef(ダンシング・シェフ)」です。日本では取扱いがなく、カルディなどでも手に入らないものです。東南アジアならではのレトルト商品をゲットして帰りましょう。帰国して、エスニック料理を振る舞うパーティーを開くのも素敵かもしれませんね。 

 

番外お土産. 日本の約半額で高級石鹸が購入可能「Spa Ceylon」

f:id:triphack30:20180910152205p:plain

ここではバラマキではありませんが、女性におすすめの高級(マレーシアで買ったらめちゃくちゃお得)石鹸を紹介します。「SPA CEYLON(スパ・セイロン)」は、スリランカ発のアーユルヴェーダコスメなのですが、東南アジアの主要国でも取扱いがあります。

※日本にもいくつか店舗が(店舗情報 / スパセイロン

 

クアラルンプールだとKLセントラル駅とクアラルンプール国際空港のショッピングモールにお店があり、日本で購入すると1.5倍くらいの値段が・・・

香りもよく、肌触りもいい商品で、ぜひクアラルンプールに行ったら購入しておきたい商品です。